妊産婦の食衝動

つわり知らずだったわたくしの妊娠期
唯一口にできなくなったのが
コーヒーとアルコール

ご存知の方は信じられないでしょうが
このわたしにとって無くてはならない二大飲料が
まったく受け付けなくなった
まぁどちらもおなかの赤ちゃんにとっては、良くないものなのでこれ幸いでしたが
スタバの前なんか通るのもなんか憂鬱だったなぁ

それが出産翌日、急にコーヒーが飲みたくなって
一杯ずつドリップするコーヒーを買ってきてもらって、沸かして飲んだら
おいしいのなんのって!
昨日まで見るのもいやだったのに・・
ほんとにふしぎですね 妊産婦の味覚っていったい何に支配されているのやら


妊娠が判明したころ、無性に食べたくなったのはクリームパン
それも、イマドキのものじゃなくて、グローブみたいな形の
ポテッとしたクリームが入った昔ながらのクリームパン
元々クリームパンなんて好きでもないのに

あとはなんでもおいしく食べれたので、外食もしょっちゅう
衝動的に食べたくなった時は迷わずおひとりさまランチ 笑

ほんとによく食べよく眠る健康妊婦は、終始体重制限との戦いの日々でもありました
しかし臨月に入ってからの運動が効いたのか体重はトータルで+11キロ
ツワリなしでこの数字はまぁ優秀な方じゃないかと^^


陣痛が始まって、波が強まってくると
さすがに食事は摂れなくなり、
産み終えた瞬間に爽快感と達成感とともにおそってきたのは空腹感
健康ってスバラシイ!

母親が作ってきてくれたひじき入りのおにぎりのおいしかったこと!
たぶん、一生忘れないでしょう

そして入院中、先輩ママさんでもあるjunさんが
ミニブーケとともに差し入れしてくれたプチデジュのパン

a0196451_6512934.jpg

ずっと食べてみたかった人気店のパン
それはそれはおいしくて、おかげで夜中の授乳も乗り越えられました(junさんアリガトウ♪)

妊産婦のたのしみ
それはやはり「食」これに尽きます

体系もはやく戻したいけどあんまり気にしない
今日もおいしく食べてのびのびこそだてします♪
[PR]
by tamacocoro | 2011-08-15 06:51 | パン・スイーツ
<< アリガトウ* 姪と娘 >>